脂肪溶解注射の準備とは

脂肪溶解注射とは手軽にダイエット効果を得られる事で人気の施術で、脂肪を融解させる薬液をダイエットしたい部分に注射するだけで脂肪細胞を減少させる事ができます。
施術自体は5分から10分程度で終了する簡単なものですが、施術を受ける前には準備が必要です。準備には注射する薬液の成分に対して、アレルギーがないかの検査を行う場合が多く、ほかにも血液検査や健康上の問題の有無をカウンセリングで確認される事があります。

脂肪溶解注射に使用されている薬液には、レシチンという大豆由来の成分が入っていて、脂肪を溶かした後は体内に自然に吸収されていきます。天然成分のため安全性が高いメリットはありますが、もしも大豆アレルギーだった場合はアレルギーを発症する可能性があるので、施術は行えません。

事前検査は安全性を考慮して行われるため、クリニックによっては検査項目に差があります。トラブルを防止するためにも、信頼できるクリニックで施術を受けましょう。


ゼニカルの処方


ページTOPへ戻る