脂肪溶解注射のアフターケア

アフターケア

脂肪溶解注射とはメソセラピーと呼ばれ、美容クリニックで施術されています。
以前は脂肪を取り除く施術は「脂肪吸引」と呼ばれる方法で行われてきましたが、脂肪吸引にも「プチ整形」が流行しています。
言わば脂肪溶解注射はメスを使用しない脂肪吸引です。
体の脂肪の付き具合が気になる部位に脂肪溶解剤を注射します。
注入された薬剤は脂肪を体内で分解し、その分解した脂肪組織を体外へ排出する作用を促進することで脂肪を減らすことができる治療方法です。
脂肪溶解注射は治療後のアフターケアが大切ですので順次見ていきましょう。
注射の治療後にマッサージを行うことで薬剤が均等に浸透しますので、やさしくマッサージすることでより高い効果が出ます。
また、適度な運動で代謝を高めるのもメソセラピー効果を高めます。
適度な運動は脂肪燃焼を促進するので、治療後の薬剤の効果をフォローする適切なアフターケアと言えます。
ただし、マッサージや運動は治療後一週間ほど経過して腫れや痛みが落ち着いてからにしましょう。
個人差はありますが、腫れや痛みがなかなか取れない、腫れや痛みが強い場合があります。
その場合は腫れ止めや痛み止めを処方してもらいましょう。

ページTOPへ戻る